« いこごちのいい所 | トップページ | じんましん »

2006年8月29日 (火)

プチっと何かが…。

本当に音が聞こえた気がしました。

あたりの音が消えました。

小ボスちゃんの声が響き渡りました。

さんま天ぷらの追加を下準備で打ち粉を、

付けてからバッタ粉に入れて揚げるのですが

やつはちゃんと出来ないくせに、手を省く事だけは

一人前で、片手でもっていいかげんに打ち粉をつけて

よく払いもせずバッタ粉に、放り込んでいたらしいのです。

それを、目の前で小ボスちゃんが、見てたもんだから

プチっときたらしい。

そのあと主任にも「もっとみんながする事を見て

わかりません。教えてくれてないから出来ませんじゃなくて

解らない事は、教えてくださいと聞いてすこしでも早く

出来るようになる努力を、せんといかんやろ。

毎日同じ事を言われとると言う事は進歩がないやろ」

そんな事を、言われてた。  

後で主任に、言われた事覚えとる? って聞いたら

はいと言ったきり。

何と言われたん? て聞いても「皆を見て…」

それだけしか覚えてませんでした。

ほんっとに馬鹿です。芯からそう思いました。

小ボスちゃんは、涙ぐんでました。

「私の方が泣きたい。これだけ言ってもなあんにも

思っとらん。言うだけ無駄な事やわ」

それでも仕事に来てるんだから、やって欲しいから

ついいろいろと、言うのですが…。

もう8ヶ月が過ぎて行きます。

今日は小ボスちゃんにイノさんも切れて、なだめるのが

大変でした。

このままやつは続けて来るのでしょうか?

来るでしょう。

人に言われた事など一晩もしないうちに忘れて

しまうのだから

|

« いこごちのいい所 | トップページ | じんましん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プチっと何かが…。:

« いこごちのいい所 | トップページ | じんましん »