« 癒しに温泉 | トップページ | みんな同じ »

2009年7月 3日 (金)

責任

今日はちょっと辛い話です。

我が家にご飯を貰いに来る猫が3匹いました。

1匹は完全に野良ちゃんのミーシャ

後2匹はご存知のメリーさんとりゅうの天敵白ネコ

2匹は野良同然の飼い猫です。

それでも元気に毎日来ていました。

ミーシャは野良なので人に慣れていません。

問題は2匹

人に飼われているから?慣れています。

それがよくなかった

団地に住む「猫バア」と呼ばれる猫が好きなんだとは思う

けど間違った可愛がり方をする人がいて

その人のあたえるものは人が食べるもの

食べて美味しいと思う物は猫には決してよくない

そんな物ばかりをあたえるのです。

そんな事があって何度もお願いするのですが

止めてくれないんです。

とうとうシロ(多分)体を壊して下痢が続き痩せていきました。

うちにも来るので来るたびにご飯に下痢の薬を飲ませて…。

よくなったと思うとまた…

そんな繰り返しでした。

このシロが団地のあちこちでおしっこをしたり

下痢のうんちをしたりと苦情が来ていたようでした。

その所為で熱が出て病気になったと言う人が

市役所に訴えて大事になって。

市営の団地なので市からも人が来て

飼い主とも話し合いがもたれ…。

飼い主はシロを「市役所に預けた!?」

え?それって

そういえば2〜3日前外に猫の餌入れとコップの水が

置いてありました。

多分その日なんでしょう。

そんな事をするくらいならなぜちゃんと

面倒見てあげなかったのでしょう。

シロは生きてた自分が飼っていた(はずでしょ)猫なのに。

私は弱い人間なので出来ればこんな事から

目をそむけて生きていたい。

事実そうやって生きてきました。

それでも自分が関わったものにたいしては

責任を持って来たつもりです。

自分なりに出来る事をしたいと思っています。

いつも行っている病院やブログ友の方が

犬猫の殺処分について呼びかけています。

この運動が広がっていく事を今強く願っています。

身近で面倒を見ていた子が殺処分された事は

凄くショックでした。

多分シロはもう長くはない命だったでしょう。

だからこそ手元で看取ってあげて欲しかった。

猫バアはやり方は間違えていたものの

シロが汚れて汚くなっていたのを綺麗に洗ってあげたり

可愛がっていた事は分かりました。

飼い主が猫バアの所為だみたいな事を言っているらしい

貴方にそんな事言う資格はない

安易な気持ちで猫や犬を飼ってしまった方がいたら

どうか貴方を信じている可愛い命を

守って上げて下さい。

最後まで大切に家族として過ごして下さい。


この事は一生忘れられないと思います。

自分の胸の中に仕舞っておくには

あまりにも辛く悲しい出来事でした。

シロちゃんの冥福を心から祈って終わります。

|

« 癒しに温泉 | トップページ | みんな同じ »

コメント

とても悲しいお話でした。
今周りで、猫だけじゃなくて
自分が産んだ子どもでさえ
面倒見切れない人間がたくさんいて
なんて日本なんだ…と思う日々です。

kyochanさんがおっしゃるような責任とか
そして、「愛」だとか、
いったいどこに行ってしまったんだろう。

投稿: ちあき | 2009年7月 5日 (日) 14時42分

☆ちあきさんへ
いろんな事に無責任な人が多過ぎます
私もその一人なのかもしれません。
主人によくいわれます。
簡単に猫を飼うって言うけど
飼うって事がどういう事かわかっているのかと。
簡単な事ではないと思います。
でも自分で出来る事を
やるだけしかないですね。

投稿: kyochan | 2009年7月 5日 (日) 17時27分

こんにちは。kyochanさん。
久し振りで、ちょっとつらいお話を
読みました。何て事をするんでしょう。
命は命。です。私が行った土地でそんな
事があったと思うと、ちょっとやるせなくなりました。皆に知ってもらう事で、成仏してね。お願いです。

この後で、ごめんなさい。やはり、kyochanさんは、きょーこさんと同じ名前、同じ土地の方でしたか?
もしや、もしや・・って、ずっと思ってました。今回は、確認できずに終わりましたが、次回は、是非!会って頂けますか?

投稿: サスケのママ | 2009年7月 7日 (火) 16時04分

☆サスケのママさんへ
聞いてしまってからはシロさんが
忘れられなくて胸が痛くて…。
考えて考えて…書きました。
これを読んで一人でも多くの方が
シロって言う猫が居たことを知り
成仏を願ってくれたら…と思います。

松山にいらしてたんですね〜
またいらっしゃる時には是非声を
かけて下さいね〜!

投稿: kyochan | 2009年7月 7日 (火) 18時05分

こんばんは。
とても辛い出来事ですね。
ちゃんとした知識がないために
身体を壊してしまったシロちゃん・・・
でも、責任はそこだけじゃないですよね!
いったん、シロちゃんの命を預かった飼い主さんにもありますよね!

なんで、室内飼いにし、
ちゃんと病気と向き合い治療しようと
思わないんでしょう?
だったら始めから飼ったりしなきゃいいのに・・
そうすれば、シロちゃんも、
もしかしたらもっと素敵な飼い主さんのもとで
幸せになれたかもしれないのに・・・

残りの一匹が心配ですね

投稿: のりママ | 2009年7月 8日 (水) 00時27分

☆のりママさんへ
本当になんの知識も無くて
好きだと言う気持ちだけだったんでしょうけど
シロさんはもういません。
飼い主だった人はうちの向かいの人なので
よく見かけます。何もなかったような顏を
しています。
シロさんにした仕打ちをみると
そういう事を望むのは無理な人間なんだと
思います。

投稿: kyochan | 2009年7月 8日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 癒しに温泉 | トップページ | みんな同じ »