« 行ってきました | トップページ | 三寒四温? »

2010年1月14日 (木)

お団子いろいろ

今日はちょっと変わったお団子らしき物が

見られました。


Sindango

ちょっと離れてはいますが

ゆめが加わった(しかもりゅうがいる所)お団子です。

たいてい一人のゆめですが

今日の寒さは一人では耐えられなかったのかしら?

ちょっと不機嫌そうなりゅう君が見てますが

ゆめちゃん良かったね〜scissors

もうひとつ黒団子です。

Kurodango

寒い日はお団子に限るね!

でも今日は昼間小雪が散らつく寒さでした。

珍しくりゅう君がこたつに入ってましたよ〜

写真は暗くて私の携帯では撮れませんでした。

|

« 行ってきました | トップページ | 三寒四温? »

猫話」カテゴリの記事

コメント

流石の四国もこのところ寒いようですね。
でも特別なお団子が見れるのだから
たまには良いかしらね。
コタツにりゅうくんが入るぐらいなら相当寒いですね。
これは寒さのレベルを表すのに使えるかもhappy02

投稿: ヤムヤムママ | 2010年1月14日 (木) 19時57分

四国も寒いんですね・・。
今年はそちらの方が寒いんでしょうか。
やっぱり、そんな時は猫団子に限る!
是非、私もその中に入れて下さい~。
ほかほかの暖かさだろうなぁ♪

投稿: サスケのママ | 2010年1月14日 (木) 21時43分

こんばんは~♪
これは暖かそうな猫団子shine
こうしてみるとゆめちゃんはまだまだ小さいですね。^^
しかし、今日は寒いです。雪はまだですが。

↓病院、色々な意味でお疲れさまでした。
胃カメラなんて考えただけでも怖いです。
お怪我はまだ痛むのでしょうね。
お大事になさってください。
無責任のつけをまわされるなんて
なんだか口惜しいですね!
でも、神様は見ていますよ。絶対に。^^

投稿: ささ | 2010年1月14日 (木) 22時14分

んもう~~あんたたちぃ~~♡な気分です!!猫になりたいですね。
痛いおもいされましたね、お見舞い申し上げます。でも、「禍転じて福となす」きっとこれからいいことありますよ、めげないで!ファイト!!

投稿: アイアムほたる | 2010年1月15日 (金) 16時59分

ゆめちゃん、もうちょっとりゅう君のところにくっつけば
あったかいのにね。

お団子の中央に割り込んで寝てみたいなぁ。
きっと暖かいんでしょうね。

うちは、みんな別々のところで寝ています。
ホットカーペットを切れば一緒に寝るのかしら。
でもかわいそうでできません^^;

体調はいかがですか?
早く治りますように!

投稿: サビー | 2010年1月16日 (土) 00時24分

いやはや、ほんとに寒いですね。
その寒さのお陰なんでしょう
kyouchanさん宅では
新しいお団子登場ですね。
もうすこしで
もっとぎゅっとつまった新だんごが
お目見えするんでしょうね。
楽しみですね。


kyochanさんがお体壊しちゃったら・・・
そんなのダメです!
ちゃんと治してくださいね。
早く治りますように・・・

投稿: hana | 2010年1月16日 (土) 10時48分

snow ヤムヤムママさんへ
寒かったですね〜
今日(日曜)は緩んで暖かかったです。
珍しいでしょ?
りゅうとゆめが誓うで寝るなんて滅多に見られないですから
そうです!りゅうは寒さのレベルが分かりやすいです。


snow サスケのママさんへ
寒かったですね〜
でも今日日曜日は暖かかったです。
今朝はマフラーをするの忘れるくらいでしたから。
お団子の中に手を入れると
ほかほかです。
みんな暖かそうです。


snow アイアムほたるさんへ
ぬくぬくと一緒に寝たいでしょ?
これが多頭飼いの醍醐味ですよね!

ありがとうございます。
もうすっかり傷も癒え胃も痛みません。
とは言え長い間薬は飲まないといけないようです。

snow サビーさんへ
猫団子の中はぬくぬくですよ!
みんなほっこり寝てますよ。
昼間は誰もいないのでこたつも消してるから
自分たちで温もっていますね。

ありがとうございます。
ちょっと長い治療になりそうです。


snow hanaさんへ
寒かったです〜
通勤の風が見に沁みます。
でも今日あたりから暖かくなりました。
ゆめが遠慮しないでくっついていけるように
願っているんですけどね

ありがとうございます。
ストレスを溜め込まないようにって
言われたんですけどなかなか難しいですよね。
上手につき合っていけたらいいなと思っています。

投稿: kyochan | 2010年1月17日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行ってきました | トップページ | 三寒四温? »