ゆめが心配のあまり時々おろん君になります。